イノボ鶏痘/2価MD生ワクチン(H+S)

マレック病(マレック病ウイルス2型・七面鳥ヘルペスウイルス)
鶏痘混合生ワクチン(シード)

製法及び性状 鶏痘乾燥生ワクチンは、弱毒鶏痘ウイルスTL株を鶏胚培養細胞で増殖させて得たウイルス浮遊液に安定剤を等量混合し、バイアルに分注して凍結乾燥したワクチンである。淡乳褐色の乾燥物で溶解用液に溶かすと赤橙色の均質な懸濁液となる。マレック病2価凍結生ワクチンは、七面鳥ヘルペスウイルスFC-126株と非腫瘍原性マレック病ウイルスSB-1株をそれぞれ別の鶏胚培養細胞で増殖させて得たウイルス感染細胞を混合して凍害防止剤を加えて良く混合した後、アンプルに2mLずつ分注熔封後凍結したものであり、液体窒素容器内に貯蔵されている。凍結ワクチンは淡灰黄色で溶解用液に溶かすと赤橙色の均質な細胞浮遊液となる。
成分及び分量 主剤
発育鶏卵内接種用鶏痘生ワクチン
 鶏痘乾燥生ワクチン 1バイアル(4,000ドーズ分)中
 鶏胚初代細胞培養弱毒鶏痘ウイルス TL株(シード)       105.1TCID50以上 106.1TCID50以下
2価MD生ワクチン(H+S)2000
 マレック病2価凍結生ワクチン 1アンプル(2mL 2,000ドーズ分)中
 鶏胚初代細胞培養七面鳥ヘルペスウイルスFC-126株(シード)   106.3FFU以上 107.3FFU以下
 鶏胚初代細胞培養非腫瘍原性マレック病ウイルスSB-1株(シード) 106.3FFU以上 107.3FFU以下
効能又は効果 鶏痘及びマレック病の予防
用法及び用量 鶏痘乾燥生ワクチンとマレック病2価凍結生ワクチンを別売りの溶解用液(マレック/バッグ、あるいはマレック溶解用液-IZO)で1個当たり0.05mLになるように混合・溶解し、自動卵内接種機を用いて発育鶏卵1個当たり0.05mLずつを18~19日齢卵の気室上方中央部より卵内に接種する。
貯法 鶏痘乾燥生ワクチン:10℃以下
マレック病2価凍結生ワクチン:-190℃以下(液体窒素容器内)
包装 鶏痘乾燥生ワクチン(1バイアル 4,000ドーズ用)×10本入り1箱
マレック病2価凍結生ワクチン(1アンプル 2mL 2,000ドーズ用)

ページトップへ