AE生ワクチン

鶏脳脊髄炎生ワクチン(シード)

製法及び性状 本剤は、鶏脳脊髄炎ウイルス#1010株を発育鶏卵で増殖させ、その感染鶏胚に安定剤を加えて乳剤としたものを、バイアルに10mLずつ分注密封したものである。本剤は、こげ茶褐色のややどろりとした均質な懸濁液である。
成分及び分量 鶏脳脊髄炎ウイルス #1010株感染鶏胚乳剤(シード)
106.0EID50以上
効能又は効果 鶏の脳脊髄炎の予防
用法及び用量 日齢の飲水量に応じた適量の水にワクチンを溶解し、1羽当り1羽分になるように、10週齢以上の鶏に飲水投与する。
貯法 倉出し前は-20℃以下、倉出し後は2~5℃
包装 液状ワクチン 10mL 1,000羽用/1バイアル 1本入り 1箱

ページトップへ