マレック溶解用液-IZO

マレック病凍結生ワクチン溶解用液

製法及び性状 この溶解用液は、下記の成分及び分量に示したように溶液を作製し、フィルターで濾過後ポリプロピレン製ボトルに一連の無菌充填操作で分注・封栓したものである。溶解用液は赤色透明な液体で、異物・異臭を認めない。
成分及び分量 1ボトル(200mL)中
安定剤 トリプトース・ホスフェイト・ブロス 2.0g
安定剤 ブドウ糖一水和物 0.22g
着色剤 フェノールレッド 0.002g
pH調整剤 水酸化ナトリウム 適量
溶剤 リン酸緩衝食塩液 適量
反すう動物由来物質
トリプトース・ホスフェイト・ブロス(動物の種類;牛 使用部位;乳)
効能又は効果 ワクチノーバ株式会社製のマレック病生ワクチン製品及びイノボ鶏痘2価MD生ワクチン(H+S)の溶解用液として使用する。
用法及び用量 ワクチノーバ株式会社製のマレック病生ワクチン製品及びイノボ鶏痘2価MD生ワクチン(H+S)を素早く融解後、頸部皮下接種にあっては本溶解用液中に1羽当たり0.2mL、発育鶏卵内接種にあっては本溶解用液中に1個当たり0.05mLとなるように溶解する。
貯法 遮光
室温
包装 ポリプロピレン製ボトル入り 200mL 400mL

ページトップへ