社名の由来

会社ロゴ&ブランドステートメント

ワクチノーバをつくる、3つの分子

XXの色の意味

ロゴに使用されているゴールドがかった茶色は、「地球の色」を表しています。
「自然」「雄大」「暖かみ」「優美」をイメージし、「良い環境の創造」「農業、畜産に基盤を置く」「研究開発、新技術に注力」を目指しています。

veterinary prevention strategies の意味

獣医学的な免疫による疾病予防をコンセプトに活動します。

ページトップへ

会社概要

社名 ワクチノーバ株式会社(Vaxxinova Japan K.K.)
設立 2011年3月16日
所在地

【本社】
〒105-0013 東京都港区浜松町1-24-8 オリックス浜松町ビル4階
TEL:03-6895-3710 FAX:03-6895-3711

【小倉研究所】
〒321-1106 栃木県日光市小倉82-1
TEL:0288-27-1131 FAX:0288-27-1137

【手岡研究所】【VJ家畜診療センター】
〒321-1103 栃木県日光市手岡809
TEL:0288-27-1130 FAX:0288-27-1031

【佐野研究所】
〒501-1101 岐阜県岐阜市佐野839-7
TELおよびFAX:058-238-8310

事業内容
  1. 動物用医薬品、動物用医薬部外品および動物用医療機器の開発、製造、
    販売および輸入
  2. 生物学的製剤、抗生物質、飼料添加物、家畜用飼料、食品添加物、化粧品添加物および関連する商品の開発、製造、販売および輸出入
  3. 家畜の疾病に対する調査、研究、診断及び治療
  4. 農産物および家畜の生産と加工に伴って発生する環境汚染の予防方法、
    ならびにその他環境保護技術および技法の開発および販売
  5. 食品衛生に関する製品の開発および販売
  6. 当会社と同一または類似の分野において、事業を営む企業を対象とする
    買収および投資
  7. 前各号に付帯関連する一切の事業
役員 代表取締役社長  種子野 章
取締役会長    アッティラ・フォン・ハンコ
取締役      アルバート・コーツ
取締役      ヤン・ウエスヨハン
監査役      フェリックス・アインゼル
従業員数 93名(2015年4月1日現在)
資本⾦ 50,000,000円
株主 ワクチノーバ インターナショナル B.V.(Vaxxinova International B.V.)
取引銀行 三井住友銀行 日比谷支店

ページトップへ

沿革

1964年 チクサン薬品株式会社設立
1967年 ND生ワクチンの輸入販売
1970年 日米合弁会社 サルスベリ・ジャパン株式会社設立
1975年 サルスベリ・ジャパン株式会社をバイオ製薬株式会社に社名変更
1985年 ゲン・コーポレーションに合併
2011年3月16日 ワクチノーバ株式会社設立
2011年7月1日 ゲン・コーポレーションからの分社化、ワクチノーバへの吸収合併

ページトップへ

アクセスマップ

本社

住所
〒105-0013
東京都港区浜松町1-24-8
オリックス浜松町ビル4階
TEL
03-6895-3710
最寄駅からのアクセス
都営大江戸線 「大門駅」 B1出口 徒歩2分
都営浅草線 「大門駅」 B1出口 徒歩2分
JR山手線 「浜松町駅」 北口出口 徒歩3分
JR京浜東北線 「浜松町駅」 北口出口 徒歩3分
東京モノレール 「浜松町駅」 中央口出口 徒歩5分
アクセスマップ文書
印刷用PDF

小倉研究所

住所
〒321-1106 栃木県日光市小倉82-1
TEL
0288-27-1131
公共交通機関をご利用の場合
JR宇都宮駅→JR日光線「文挟駅」下車→徒歩 駅前信号を左折し850m(約10分)
JR宇都宮駅→JR日光線「下野大沢駅」下車→
タクシー7.3km(約13分)
JR宇都宮駅→JR日光線「鹿沼駅」下車→タクシー8.2km(約14分)
お車をご利用の場合
日光宇都宮有料道路 土沢IC→板橋バイパス / 国道121号(鹿沼・大沢方面)を道なり7.1km→JR日光線「文挟駅」前信号から800m

手岡研究所

住所
〒321-1103 栃木県日光市手岡809
TEL
0288-27-1130
公共交通機関をご利用の場合
JR宇都宮駅→JR日光線「下野大沢駅」下車→
タクシー6.8km(約18分)
JR宇都宮駅→JR日光線「鹿沼駅」下車→タクシー11.7km(約23分)
お車をご利用の場合
日光宇都宮有料道路 土沢IC→板橋バイパス / 国道121号(鹿沼・大沢方面)を道なり→下板橋交差点から1つ目の信号を左折5.5km→道なり1.8kmを右折→道なり200m

ページトップへ