高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)発生に伴う検体受付に関するお知らせ

2016年12月27日


新潟及び青森でのAI発生に伴う検体の受付制限つきましては2016年11月29日 (火) に、北海道での発生に伴う検体の受付制限につきましては2016年12月19日 (月) 、宮崎県での発生に伴う検体の受付制限につきましては2016年12月20日 (火) にそれぞれお知らせしたとおりです。

 

その後、更に熊本県玉名郡南関町においてAI疑似患畜が確認されたことから、当該発生農場から10㎞圏内の農場からの検査用検体の送付は差し控えて頂きますようお願い申し上げます。

 

誤って送られた検体につきましては、誠に勝手ではございますが、当社で未開封のまま消毒後処分いたします。

 

今後も、疑似患畜が確認された時点で同様な処置を取っていただきますよう重ねてお願い致します。

 

緊急かつ重要事項ですので、ご理解とご協力の程御願い申し上げます。

 

1.検体の送付停止期間

  当局による移動禁止が解除されるまでとします。

 

2.対象地域

      2016年12月27日 (火) 現在

        •   北海道のAI患畜が認められた農場の10㎞圏内
        •   宮崎県全域
        •   熊本県玉名郡南関町のAI疑似患畜が認められた農場の10㎞圏内

 

なお、青森県及び新潟県の当該移動制限は2016年12月27日 (火) 午前0時をもって解除されました。

 

今後の疑似患畜を含めたAI発生状況次第で変更になりますので、逐次お知らせいたします。

 

ページトップへ