ワクチノーバ株式会社の「Mg生ワクチン」K5831株が日本での特許を取得

2014年12月24日


弊社とジョージア大学との共同研究によって開発された弊社製品「Mg生ワクチン」に使用されているマイコプラズマ・ガリセプチカムK5831株に関して、ジョージア大学研究基金(The University of Georgia Research Foundation, Inc.)が、日本における特許を取得したことをお知らせいたします。

 

特許概要

番号

特許第5642710号

特許出願日

2010年1月22 日

特許取得日

2014年11月7日

名称

マイコプラズマ・ガリセプティカム製剤

概要

本発明は、キジ目の鳥類において病原性マイコプラズマ・ガリセプティカム (Mycoplasma gallisepticum)感染を予防する製剤を提供する。本製剤は、 製薬上許容される担体中に、生きたマイコプラズマ・ガリセプティカム株K5831 またはその派生物を含有する。キジ目の鳥類において病原性マイコプラズマ・ガリセプティカム感染を予防するワクチンも提供する。製剤およびワクチンを投与する方法も提供する。

 

ページトップへ