オランダに本社を置くVaxxinova社がLaboratório Biovet社を買収

2018年2月27日


プレスリリース 

2018年2月1日 ヴァルジェン・グランデ・パウリスタ、サンパウロ州

 

EWグループの一員であるVaxxinova社が、ブラジルのアニマルヘルス業界と60年もの間深い関わりを持つLaboratório Biovet社を買収しました

 

Biovet社は1957年に獣医師であるRené Corrêaにより創業されて以来、同族経営を続けてきました。
Biovet社はブラジルのアニマルヘルス業界において強固な事業基盤を築いており、10か国以上に製品を輸出しています。Biovet社は、Bio-Coccivet R(鶏コクシジウム病ワクチン)をはじめ、Resguard
Multi(クロストリジウム症ワクチン)、Vermivet(コンパニオンアニマルの駆虫薬)などの主力製品を有しています。

 

この件に関して、Biovet社のCEOであるHugo Scanavini Neto氏のコメント

“Biovet社とVaxxinova社は、事業の重要な基盤は人々やお客様と共にあるという同じ信念・価値観を共有しており、アニマルヘルスの分野に対する情熱もまた同じです。この取引は、国際展開に加え、革新と発展の目覚ましい結果により、Biovet社にとって国際的ネットワークへのアクセスを可能にし、すでに持つ戦力的手段をより強化させることができるでしょう。また、これは7年前より実施してきた、より専門性の高い会社経営の強化の結果であり、さらなる国際化への足がかりとなるでしょう。”

 

Vaxxinova International社のCEOであるVictor van Solinge氏のコメント

”Biovet社をVaxxinova International社の一員として迎え入れることは大変喜ばしいことです。Biovet社は強固な経営陣と素晴らしい製品を持っており、ブラジルのアニマルヘルス市場において優れた評価を得ています。この新たな融合は、躍進と顧客へより幅広い製品と多様なサービスの提供を可能にするでしょう。同様の文化を持ち、同じく業界への長きにわたる責任があるという点からも、互いに素晴らしい調和がとれていると感じています。”

 

Laboratório Biovet社について

ブラジルのサンパウロ州ヴァルジェン・グランデ・パウリスタに本社を置くLaboratório Biovet社は、450人の従業員を擁し、100以上ものライセンス商品を有しています。役員をはじめ、従業員たちは、ブラジルやラテンアメリカにアニマルヘルス業界において豊富な経験を持っています。Biovet社は、牛、家禽、そしてコンパニオンアニマル分野において最高の解決策である開発、製造そして販売までを可能にする独自の研究センターや生産設備を保有しています。

 

Vaxxinova社について

Vaxxinova社は、産業用動物の病気や生産の管理に特化した、世界的にも知名度のあるアニマルヘルス企業です。オランダのナイメーヘンに本社を置くVaxxinova社は、50か国以上の国において事業を展開し、研究開発、製造そして病性鑑定の拠点をドイツ、イタリア、ノルウェー、日本、ヨルダン、オランダ、そしてブラジルに置いています。

 

EWグループについて

ドイツのヴィスベクに本社を置くEWグループは、動物の育種や栄養、そして健康に特化した100%同族経営の企業です。

ページトップへ