2価MD生ワクチン(HVT+SB-1)

マレック病(マレック病ウイルス2型・七面鳥ヘルペスウイルス)凍結生ワクチン(シード)

製法及び性状 本剤は七面鳥ヘルペスウイルスFC-126株と非腫瘍原性マレック病ウイルスSB-1株をそれぞれ別の鶏胚培養細胞で増殖させ、採材した両ウイルス感染細胞を概ね1:1に混合し、凍害防止メジウムを加えて良く混合した後、アンプルに2mLずつ分注熔封後凍結したものであり、液体窒素容器内に貯蔵されている。凍結ワクチンは淡灰黄色で、溶解用液に溶かすと赤橙色の均質な細胞浮遊液となる。
成分及び分量 凍結ワクチン 1アンプル(2mL 1,000ドーズ分)中
主剤 鶏胚細胞培養七面鳥ヘルペスウイルス FC-126株(シード)
   106.0FFU以上 107.0FFU以下
主剤 鶏胚細胞培養非腫瘍原性マレック病ウイルス SB-1株(シード)
   106.0FFU以上 107.0FFU以下
効能又は効果 マレック病の予防
用法及び用量 <頸部皮下接種>
凍結ワクチンを素早く融解後、別売りの溶解用液(マレック/バッグ、あるいはマレック溶解用液-IZO)で1羽分当たり0.2mLとなるように溶かし、0.2mLずつを1日齢鶏の頸部皮下に接種する。

<発育鶏卵内接種>
凍結ワクチンを素早く融解後、別売りの溶解用液(マレック/バッグ、あるいはマレック溶解用液-IZO)で1個当たり0.05mLとなるように溶かし、自動卵内接種機を用いて0.05mLずつを18~19日齢卵の気室上方中央部より卵内に接種する。
貯法 -190℃以下(液体窒素容器内)
包装 凍結ワクチン (1アンプル 2mL 1,000ドーズ用)

ページトップへ