NB(C)混合生ワクチン

ニューカッスル病・鶏伝染性気管支炎混合生ワクチン
(シード)

製法及び性状 本剤は、ニューカッスル病ウイルスB1株及び鶏伝染性気管支炎ウイルスL2株を発育鶏卵で増殖させ、その感染尿膜腔液を1:1に混合し、さらに安定剤を等量混合したものをバイアルに4mLずつ分注し、凍結乾燥した混合生ワクチンである。本剤は淡乳褐色の乾燥物で、生理食塩水(日局)で溶解すると、淡褐色の均質な懸濁液となる。1羽分当たりニューカッスル病ウイルスB1株が105.5EID50以上及び鶏伝染性気管支炎ウイルスL2株が103.0EID50以上含まれている。
成分及び分量 乾燥ワクチン 1バイアル(1,000ドーズ分)中
主剤 発育鶏卵培養ニューカッスル病ウイルス B1株(シード)    
   108.5EID50以上
   発育鶏卵培養鶏伝染性気管支炎ウイルス L2株(シード)  
   106.0EID50以上
安定剤 植物性ペプトン 0.10g
安定剤 N.Z.アミン 0.05g
安定剤 スクロース 0.10g
安定剤 グルタミン酸ナトリウム 0.01g
安定剤 ベンジルペニシリンカリウム 800単位
安定剤 硫酸ストレプトマイシン 800μg(力価)

反すう動物由来物質
N.Z.アミン(動物の種類:牛 使用部位;乳)
効能又は効果 ニューカッスル病及び鶏伝染性気管支炎の予防
用法及び用量 <飲水投与>
ワクチンを井戸水或いは水道水等で溶解し、更に日齢に応じた量の井戸水或いは水道水に溶かして、飲水投与する。1日齢以上の鶏に投与することができる。

<点鼻・点眼接種>
ワクチンを生理食塩水(日局)30mLで溶解し、弊社規格の点鼻・点眼用容器を用いて、1日齢以上の鶏の鼻孔又は眼に1滴(おおむね0.03mL)滴下する。

<噴霧接種>
ワクチンを生理食塩水(日局)30mLで溶解し、必要に応じて更に滅菌精製水或いは飲用水を用いて希釈し、噴霧器を用いて噴霧する。いずれの週齢にも使用できるが、4週齢以上の鶏の再接種に適している。
貯法 10℃以下
包装 乾燥ワクチン(1バイアル 1,000ドーズ用)×10本入り 1箱

ページトップへ